ホーム 県内のニュース

ガソリン販売注意喚起 宮崎市消防局

2019年7月31日
 「京都アニメーション」の放火殺人事件を受け、宮崎市消防局は30日、市内のガソリンスタンドを訪れ、携行缶などでガソリンを販売する場合の注意を呼び掛けた。犯罪目的の購入を予防するためで、購入者に使用目的の報告や身分証の提示を求めることや、販売記録作成の3項目を守るよう協力を求めた。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】ガソリンスタンドの従業員に携行缶での購入について注意喚起する宮崎市消防局の職員=30日午後、宮崎市

このほかの記事

過去の記事(月別)