ホーム 県内のニュース

県内空梅雨いつまで 稲作に影響じわり

2019年6月25日
 梅雨入りしている県内で、平年より雨が少ない状態が続いている。梅雨前線が沖縄、奄美地方に停滞しているためで、降水量が平年の半分前後にとどまる地域も。都城市では一部で田植えが最大1週間遅れており、関係者は「収穫量や生育に影響しかねない」と気をもむ。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】田植えに必要な水量を下回っている貯水池。沖水地区の一部では田植えが遅れている=24日午後、都城市金田町

このほかの記事

過去の記事(月別)