ホーム 県内のニュース

子育て施設用地からヒ素 基準値超、健康被害なし

2019年6月15日
 延岡市は14日、同市松山町に市が整備予定の子育て支援総合拠点施設の建設現場で、環境基準値を最大で2倍超えるヒ素を検出したと発表した。現時点で周辺に飲料用井戸は確認されておらず、住民の健康被害は報告されていないが、市は今後、専門機関に依頼して地下水などへの影響を調査する方針。結果次第では、本年度末を予定している開設が遅れる可能性があるという。


(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】ヒ素が検出された子育て支援総合拠点施設の建設現場=14日午前、延岡市松山町

このほかの記事

過去の記事(月別)