ホーム 県内のニュース

美術家・又木さんの作品盗難 都城の自宅、被害130万円

2019年5月25日

 都城市出身でスペイン・クエンカ市を拠点に活動する美術家又木啓子さん(66)の作品5点が、都城市内の自宅の車庫兼倉庫から盗まれていたことが24日、分かった。10月に高鍋町で開催する企画展に出品する作品も含まれており、被害額は130万円に上るとみられる。又木さんは「思い入れのある作品。早く返してほしい」と憤っている。


(全文は25日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】盗難に遭った絵画(又木さん提供)

このほかの記事

過去の記事(月別)