ホーム 県内のニュース

世界に誇れる牛育てる 川南の肥育農家・岩崎さん親子

2019年4月30日

 田園風景が広がる川南町川南の農場で、和牛肥育農家の岩崎勝也さん(49)は400頭を超える牛を育てる。2010(平成22)年に本県を襲った口蹄疫では全頭殺処分され、牛舎が空になったが、悲しみや苦難を乗り越え経営を再開。当時幼かった息子2人も一緒に働き、父を支える。あれから9年がたち、時代は令和に変わる。親子3人は「教訓を忘れず、世界に誇れる牛を育てよう」と決意する。


(全文は30日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】口蹄疫を乗り越え、親子3人で和牛生産に取り組む(右から)岩崎勝也、冬吾、哲太さん=川南町川南

このほかの記事

過去の記事(月別)