ホーム 県内のニュース

強制不妊、県が窓口 救済申請や相談開始

2019年4月26日

 旧優生保護法下で不妊手術を強いられた障害者へ一時金支給などを盛り込んだ救済法が成立したことを受けて、県は25日、専用の窓口を健康増進課内に設置し、救済の申請や相談の受け付けを開始した。同日は本人や家族とみられる3件の相談が寄せられ、同課は「新たな実態の把握につながるといい」としている。


(全文は26日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)