ホーム 県内のニュース

県内団体「大きな一歩」評価 強制不妊救済法成立

2019年4月25日

 旧優生保護法下で不妊手術を強いられた障害者への一時金支給などを盛り込んだ救済法が成立した24日、県内の障害者団体や弁護士は「救済への大きな一歩」と評価した。ただ、救済法は旧法の違憲性には触れず、県内でも実態解明は進んでいない。「これで終わりではない」と国に真実の究明を求める声も聞かれた。


(全文は25日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)