ホーム 県内のニュース

アリーナ、駅東口駐車場を最終候補地に 宮崎市基本構想

2019年3月29日

 宮崎市は28日、戸敷正市長が選挙公約に掲げJR宮崎駅東口エリアへの整備に意欲を示すアリーナ建設について、最終建設候補地を同駅東口に隣接し宮崎ガス(橋口光雄社長)が所有する駐車場用地とする基本構想を発表した。複合ビルが整備される同駅西口との連動性も考慮。施設規模は収容人数6千人以上、座席数4千席以上とした。建設から運営まで民間事業者が手掛ける「民設民営」での整備を最優先し、最短で2023年度の供用開始になるとしている。同社も所有の土地を最終候補地とすることを了承している。


(全文は29日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】アリーナの最終候補地となった宮崎ガス所有の駐車場=28日午後、宮崎市宮崎駅東2丁目

このほかの記事

過去の記事(月別)