ホーム 県内のニュース

無資格職員が医療行為 日南の障害者支援施設

2019年3月19日

 日南市北郷町の障害者支援施設「北郷荘」(原井貴史施設長)で、医療資格を持たない介護職員が高齢の入所者らに対し、日常的に導尿や胃ろうなどの医療行為をしていたことが18日、関係者への取材で分かった。医師法違反(無資格医業)の疑いがあり、施設設置を認可する県も事実関係を調査している。


(全文は19日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)