ホーム 県内のニュース

利用促進へ積極姿勢 JR県内減便1年

2019年3月17日

 JR九州(福岡市)の大幅な減便を伴うダイヤ改正から1年を迎えるのを機に、宮崎日日新聞が県内26市町村長を対象に行ったアンケート調査からは、駅周辺施設の整備や駅舎の購入など、利用促進へ積極的に取り組もうとする沿線自治体の姿が目立った。吉都線や日南線などの利用者減少に危機感を抱きつつ、沿線は鉄道を「必要不可欠な生活路線」「まちづくりにも重要」と捉えている。


(全文は17日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】昨年開業した延岡駅前複合施設「エンクロス」=16日午後、延岡市・JR延岡駅西口

このほかの記事

過去の記事(月別)