ホーム 県内のニュース

旧都城市民会館解体へ 民間提案なく市長判断

2019年2月6日

 都城市は5日、学校法人南九州学園(宮崎市、長谷川二郎理事長)が返還を申し入れている旧都城市民会館=写真=について、期限内に民間からの保存・活用策の提案がなかったことなどから、解体する方針を明らかにした。市民アンケートで8割超が解体を支持したことなどを理由に池田宜永市長が最終的に判断。2019年度当初予算案に解体費用を計上する。


(全文は6日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)