ホーム 県内のニュース

干支ぐい飲み制作佳境 三股焼紫麓窯

2018年12月6日

 三股町長田の「三股焼紫麓窯(しろくがま)」で、来年の干支(えと)をかたどった恒例のぐい飲み作りが佳境を迎えている。同窯の山下盛親さん(65)が、残り「ちょこっ」となった平成の最後の正月を楽しんでもらおうと「猪(ちょ)こっと平成」と命名し、制作に励んでいる。


(全文は7日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】来年の干支をかたどった「猪こっと平成」を制作する山下さん(左奥)と山口さん

このほかの記事

過去の記事(月別)