ホーム 県内のニュース

次男、不意突き犯行か 高千穂6人殺害

2018年12月1日

 高千穂町押方・山附(やまつき)集落の農業飯干保生さん(72)方で6人の遺体が発見された殺人事件で、犯行後に自殺したとみられる次男の会社員昌大(まさひろ)さん(42)の遺体に争ったような傷痕や目立った外傷がなかったことが30日、捜査関係者への取材で分かった。遺書が見つかっていないことも判明。計画性は低かったとみられる。高千穂署捜査本部は、昌大さんが6人の不意を突いて殺害した可能性が高いとみて裏付けの捜査を進めている。


(全文は1日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)