ホーム 県内のニュース

山腹崩落、県内35カ所超 台風24号

2018年10月10日

 先月末、本県に接近した台風24号の大雨による影響で、宮崎市など県内12市町村の民有林、国有林合わせて少なくとも35カ所で山腹崩落が確認されたことが9日、県と森林管理署などの調査で分かった。一部に1ヘクタールを超える大規模な崩落も含まれ、土石流などの二次災害の恐れもあるとして、関係機関が復旧作業に向けた準備を急いでいる。


(全文は10日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】台風24号の影響で山腹崩落が発生した国有林=宮崎市内海(九州森林管理局提供)

このほかの記事

過去の記事(月別)