ホーム 県内のニュース

土砂崩れで住宅塀被害 高岡・伐採跡地から残材流出

2018年10月4日

 台風24号による大雨で、宮崎市高岡町内山の山林伐採跡地から残材や土砂が流出し、住宅のブロック塀などを破壊していたことが3日、分かった。現場は土砂災害警戒区域に指定されており、住宅の男性(73)は「市に危険性を指摘していたのに、適切に対応してもらえなかった」と憤っている。


(全文は4日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】台風24号の影響で斜面から残材や土砂が流出した宮崎市高岡町内山の伐採跡地=3日午前(ドローンで撮影)

このほかの記事

過去の記事(月別)