ホーム 県内のニュース

【台風24号】県内暴風域に(30日午前11時現在)

2018年9月30日

 非常に強い台風24号は30日午前11時現在、串間市の東南東約50キロを時速45キロの速さで北東に進んだ。中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。県内は北部の一部を除いて風速25メートル以上の暴風域に入っている。


 宮崎地方気象台によると、30日に観測された最大瞬間風速は、宮崎市田野町40・8メートル、宮崎空港40・1メートル、宮崎市霧島37・3メートルなど。猛烈な風は昼過ぎにかけて続く恐れがある。


 解析雨量では、宮崎、日南市と三股町付近で午前11時までの1時間に約120ミリの猛烈な雨が降った。28日午後3時の降り始めから30日正午までの総雨量は、宮崎市田野町409ミリ、美郷町神門373・5ミリ、西米良村338ミリなど。10月1日正午までに、多いところで1時間降水量は80ミリ、24時間降水量は150ミリに達する恐れがある。


 宮崎日日新聞のまとめでは午前11時現在、10市13町3村で計2754人避難している。


 航空各社によると、宮崎空港発着便は始発から計79便が欠航。宮崎カーフェリーは上下便とも欠航する。JR九州は特急、快速、普通列車の全線で始発から運転を見合わせている。


 宮崎交通は本県を発着する高速バスの上下計136便運休しており、特急バスと路線バスも始発から運休している。


 同気象台は暴風、高波、土砂災害、低地の浸水、河川の増水や氾濫、高潮に警戒を呼び掛けている。


(全文は1日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】台風24号による大雨で冠水した串間市市街地の平交差点=30日午前11時11分

このほかの記事

過去の記事(月別)