ホーム 県内のニュース

【台風24号】本県全域、強風域に(30日午前6時現在)

2018年9月30日

 気象庁によると、大型で非常に強い台風24号は30日午前6時現在、屋久島の南西約80キロの海上を時速30キロで北北東へ進んでいる。中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。えびの市えびの高原では、午前6時14分までの1時間に54・0ミリの非常に激しい雨を観測した。


 宮崎地方気象台によると、本県の一部は同日朝から、風速25メートル以上の暴風域に入る見込み。午前6時現在、本県の全域が風速15メートル以上の強風域に入っているとみられる。


 昼前にかけて、雷を伴い1時間80ミリの猛烈な雨が降る恐れがあり、昼過ぎにかけて猛烈な風が吹く恐れがある。台風は昼過ぎに本県に最も接近する見込みで、同気象台は、暴風や高波、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、高潮に厳重に警戒するよう呼び掛けている。


 県や県警によると、午前7時現在、県内で人的被害の連絡は入っていないが、日南、都城、小林市の一部地域の計約200戸で停電が発生。県内の全26市町村で計1785人が自主避難している。


 航空各社によると、宮崎空港発着便は始発から計71便が欠航。宮崎カーフェリーは上下便とも欠航する。JR九州は全線で始発から運転を見合わせている。宮崎交通は本県発着の高速バスを始発から上下計96便を運休。路線バスは始発から運休し、天候や道路状況を見て運行を再開する。


(全文は1日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)