ホーム 県内のニュース

避難住民、不安な夜 台風24号、本県最接近へ

2018年9月30日

 「早く過ぎ去って」「心配で眠れない」-。大型で非常に強い台風24号の接近を警戒し、県内では29日、風雨が強まる前から避難所に高齢者らが身を寄せ、不安な夜を過ごした。本県には30日昼前にも最接近する見通しで、各自治体は災害対策本部や警戒本部を設けるなど厳戒態勢を敷いた。


(全文は30日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】台風24号の接近に備えて早めに避難し、体を休める市民=29日午後8時33分、宮崎市中央公民館

このほかの記事

過去の記事(月別)