ホーム 県内のニュース

【台風24号】猛烈な雨、暴風恐れ

2018年9月29日

 大型で非常に強い台風24号は29日、南西諸島近海を北寄りに進み、暴風域に巻き込まれた沖縄県では負傷者が続出した。台風は勢力を保ったまま西日本に接近・上陸する恐れがある。本県へは30日昼前に最接近する見込みで、1時間に80ミリの猛烈な雨が降る恐れもあり、宮崎地方気象台は暴風や土砂災害、河川の氾濫などに厳重な警戒を呼び掛けている。同気象台によると、本県は北部の一部を除いて29日午後9時ごろ強風域に入った。宮崎日日新聞のまとめでは、29日午後9時現在、県内の全26市町村で計1450人が自主避難している。


 気象庁によると、台風は29日午後9時現在、徳之島の西約60キロの海上を時速30キロで北北東へ進んだ。中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から東側280キロと西側220キロ以内は暴風域、南西650キロと北東560キロ以内は強風域となっている。


 同気象台によると、30日の県内は、台風本体の発達した雨雲がかかるため1時間に80ミリの猛烈な雨となる恐れがある。同日午後6時までの24時間雨量は、多い所で500ミリに達する可能性もある。


 予想される最大風速(最大瞬間風速)は陸上で30メートル(45メートル)、波の高さは10~11メートル。沿岸の海域では猛烈なしけとなる。最接近の時間が満潮と重なる可能性があり、同気象台は高潮への警戒に加え、竜巻や雷にも注意を呼び掛けている。


 台風の接近に備え、県は29日午後3時に災害対策本部を設置。午後9時半までに全26市町村が「避難準備・高齢者等避難開始」を発表した。


 航空各社によると、29日の宮崎空港発着便は宮崎-沖縄などを中心に、上下6便が欠航。30日も始発から計70便の欠航が決まっている。宮崎カーフェリーは29日、神戸発宮崎行きの1便を欠航。30日は上下ともに欠航する。


 JR九州は29日、日南線の夜の上下7本を運休。30日は、全線で始発から運転を見合わせる。宮崎交通は30日の本県と福岡県などを結ぶ高速バスについて、始発から上下計96便を運休すると発表した。土砂災害などを警戒し、29日午後9時現在、県内の国道10カ所と県道47カ所、宮崎市の一ツ葉有料道路が通行止めとなった。




【写真】台風24号が接近し、白波が立つ大淀川河口=29日午後4時43分、宮崎市
(全文は29日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)