ホーム 県内のニュース

救済、実態解明へ要望書 県内強制不妊

2018年9月29日

 旧優生保護法(1948~96年)下で行われた障害者らへの強制不妊手術問題で、県内の障害者団体など10団体が、県に対し救済と実態調査を求める要望書を近く提出することが28日、分かった。資料が見つかり個人が特定された当事者らへの追跡調査を要請する内容。団体の一人は「実態解明が進まない中、障害者らが連携して声を上げていくことが大切」としている。


(全文は29日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】要望書の提出を呼び掛けた「YAH!DOみやざき」の岩切理事長(左)と永山理事(中央)ら=28日午後、宮崎市

このほかの記事

過去の記事(月別)