ホーム 県内のニュース

テゲバと新富町、連携協定 スタジアム整備本格化

2018年9月27日

 本県からJリーグ入りを目指している日本フットボールリーグ(JFL)のテゲバジャーロ宮崎と新富町は26日、同町へのホームスタジアム整備に向け連携協定を結んだ。スタジアムは町が確保する土地にテゲバの全額負担で整備し、町に寄付または無償譲渡する。その後はテゲバが指定管理者として運営し、住民が広く利用できるなどとした。2020年の完成を目指す。


(全文は27日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】サッカースタジアム整備に向け、連携協定を結ぶテゲバジャーロ宮崎の柳田和洋代表(前列左)と新富町の小嶋崇嗣町長(同右)=26日午前、新富町役場

このほかの記事

過去の記事(月別)