ホーム 県内のニュース

県職員1人、4カ月派遣 西日本豪雨

2018年8月31日

 県は、西日本豪雨で被害を受けた広島県に職員1人を派遣することになり、31日、県庁で出発式を開いた。同豪雨被害に伴い県が長期支援するのは初めてで、職員は7日から約4カ月間、呉市で復旧工事の発注など土木関連業務に従事する。


(全文は1日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】椨 健太郎さん

このほかの記事

過去の記事(月別)