ホーム 県内のニュース

ALS闘い水彩画展 元猪八重渓谷ガイド松尾さん

2018年8月29日

 日南市北郷町の猪八重渓谷の風景を描いた一つ一つの絵には、「故郷の自然の美しさを伝えたい」という思いが込められている。渓谷を案内する森林セラピーガイドとして活動していた日南市の松尾昭憲さん(71)は、難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)と闘いながら、水彩画の制作に励んでいる。日に日に力が弱まっていく手で筆を握り続け、今月、個展の開催にこぎ着けた。


(全文は29日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】真剣な表情で猪八重渓谷の水彩画を描く松尾さん

このほかの記事

過去の記事(月別)