ホーム 県内のニュース

強制不妊資料発見遅れ「反省」 県、公文書開示審査会で

2018年8月29日

 旧優生保護法(1948~96年)下に強制不妊手術が実施されたとみられる個人の資料について県は28日、県公文書開示審査会(会長・大迫敏輝弁護士、5人)に対し、資料の発見が遅れた経緯について報告した。県総務課の丸田勉課長は「適正な文書取り扱いや情報共有の徹底が不十分で反省すべき点があり、重く受け止めている」と述べた。


(全文は29日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)