ホーム 県内のニュース

ピアノ、声楽25人本選へ 宮日音楽コンクール

2018年8月20日
 第24回宮日音楽コンクール(宮崎日日新聞社主催、同コンクール運営委主管、宮崎銀行、UMKテレビ宮崎特別協賛、全日空協賛)の予選最終日は19日、宮崎市のメディキット県民文化センターであった。ピアノ部門(大学、一般)と声楽部門に47人が出場し、25人が11月開催の本選へ出場を決めた。

 審査はピアノ部門を有森直樹(国立音楽大准教授)、石井克典(東京音楽大教授)、菊地麗子(同大学客員教授)の3氏、声楽部門を今村雅彦(声楽家)、緑川まり(東京音楽大准教授)の両氏が担当。出場者は、実力を出し切ろうと、真剣な表情でステージに臨んでいた 声楽部門2回目の挑戦で予選を通過した宮崎学園高2年の清水あいかさん(16)は「前回は予選通過できず悔しい思いをした。今年は緊張せず楽しく歌えてよかった。本選ではグランプリを目指す」と意気込んでいた。

 本選は11月23日に管楽器、打楽器、弦楽器、声楽部門、24日にピアノ部門を実施し、25日に表彰式やグランプリ演奏会などを行う。最終日の清水さん以外の予選通過者は次の通り。(敬称略)

 【ピアノ】大学=柚木崎葵(大分県立芸術文化短期大専攻科1年)竹下菖(武蔵野音楽大2年)松尾美紀(宮崎大3年)川上眞子(鹿児島国際大3年)有川夏乃子(東京音楽大3年)齊藤有希乃(宮崎大2年)池田悠乃(鹿児島国際大3年)東優作(大分県立芸術文化短期大専攻科2年)▽一般=加藤詩乃(大分県)井上育美(熊本県)廣田麻優子(宮崎市) 【声楽】中学=永野絢子(宮崎日大中3年)▽高校=中村里咲(千葉・津田沼高3年)梅本遥(宮崎北高3年)長友リサ妃美子(宮崎大宮高2年)遠矢和音(クラーク記念国際高2年)江野畑翔斗(延岡学園高3年)▽大学=大澤桃佳(東京芸術大3年)石井晴菜(東京音楽大2年)平川璃奈(同)神保彩乃(国立音楽大1年)▽一般=鈴木吏音(東京都)中嶋薫子(福岡県)長谷川彩乃(東京都)

【写真】伴奏に合わせ表情豊かに歌う声楽部門の出場者=19日午後、宮崎市・メディキット県民文化センター

このほかの記事

過去の記事(月別)