ホーム 県内のニュース

理解し合う大切さ学ぶ 人権教育考える研究大会

2018年8月7日

 第43回県人権・同和教育研究大会(実行委など主催)は6日、宮崎市民文化ホールであった。県内の学校関係者や保護者ら約千人が参加。熊本県の教諭で水俣・芦北公害研究サークル会長の梅田卓治さん(60)による記念講演や分科会を通して、人権教育への理解を深めた。


(全文は7日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】「水俣病」を通して学んだことについて講演する梅田さん=6日午前、宮崎市民文化ホール

このほかの記事

過去の記事(月別)