ホーム 県内のニュース

【台風12号】南部平野部の一部が強風域

2018年7月31日

 台風12号は31日午後3時45分現在、種子島の東約70キロを時速15キロで北に進んでいる。中心気圧は994ヘクトパスカル、最大風速18メートル、最大瞬間風速は25メートル。風速25メートル以上の暴風域はないが、県内は南部平野部の一部が風速15メートル以上の強風域に入っているとみられる。今後、進路を西寄りに変え、やや発達しながら東シナ海に進む見込み。


 29日午後1時の降り始めから31日午後5時までの総雨量は、国富町207ミリ、宮崎市霧島190ミリ、美郷町神門168ミリ、宮崎市田野町167・5ミリ。


 宮崎地方気象台によると、県内は31日夜から1日明け方にかけて、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがあり、31日夜遅くには大雨警報を発表する可能性がある。1日午後6時までの24時間雨量は多い所で180ミリと見込まれ、同気象台は土砂災害への警戒を呼び掛けている。

このほかの記事

過去の記事(月別)