ホーム 県内のニュース

「土用の丑の日」前でも…  本県産ウナギ需要伸び悩み

2018年7月16日

 「土用の丑(うし)の日」(20日、8月1日)を前に、国産ウナギの需要が伸び悩み、県内養鰻(ようまん)業者が苦境に陥っている。記録的なシラスウナギ(稚魚)の不漁で、生産量は例年より少なく、貴重品にもかかわらず、引き合いは少なめという。関係者によると、東京など大都市の専門店で、仕入れを中国などの海外産に切り替えたことが一因。稚魚の高騰で生産コストも増大しており、全国3位の生産量を誇る産地に、経営面の不安も募る。


(全文は16日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】出荷を控えた県産ウナギ。土用の丑の日に向けた受注が例年に比べて少ないという=宮崎市・大森淡水

このほかの記事

過去の記事(月別)