ホーム 県内のニュース

情報把握し準備万全に 被災地ボランティア

2018年7月13日

 暑さや断水などで西日本豪雨被災地の復旧が進まない中、14日から始まる3連休では、本県からもボランティアの被災地入りが予想される。愛媛県大洲(おおず)市が本県などからの受け入れに限定するなど、被災地によってボランティア募集条件が異なるため、関係機関は現地の最新ニーズを把握した上で活動するよう呼び掛けている。


(全文は13日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】愛媛県大洲市が設置した災害ボランティアセンター=12日午後

このほかの記事

過去の記事(月別)