ホーム 県内のニュース

県内政党「時代に逆行」 参院、定数6増可決

2018年7月12日

 参院定数を6増する自民党の公職選挙法改正案が参院本会議で可決された11日、県内の野党関係者は「身を切る改革に逆行する」と一斉に反発。与党からも「時代の流れに反する」「抜本的改革を」などと苦言や注文が聞かれた。


(全文は12日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)