ホーム 県内のニュース

大樹会理事長2700万円流用 日南市が改善命令

2018年7月11日

 日南市南郷町の社会福祉法人「大樹会ソーシャルワーク日南」(嶋田鐵雄理事長)が、収益の一部を嶋田理事長が代表を務める他の法人の経営に違法に流用したなどとして市は10日、社会福祉法に基づく改善命令を出したと発表した。流用額は約2700万円に上り、ほかにも嶋田理事長は理事報酬は支払わないとする定款に反して報酬約330万円を受け取るなどしていた。市が社会福祉法人に改善命令を出すのは初めて。


(全文は11日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)