ホーム 県内のニュース

みどり“妊活”神戸へ出発 宮崎市動物園アジアゾウ

2018年7月11日

 宮崎市フェニックス自然動物園(出口智久(としひさ)園長)の雌のアジアゾウ「みどり」(17歳)が10日、“妊活”のため、フェリーで神戸市へ向け出発した。11日朝に神戸港に到着後、新しいパートナー「マック」(26歳)の待つ神戸市立王子動物園へ向かう。


(全文は11日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】スタッフや来園者が見守る中、トラックに乗り込むアジアゾウの「みどり」=10日午後、宮崎市フェニックス自然動物園

このほかの記事

過去の記事(月別)