ホーム 県内のニュース

【速報・台風7号】本県全域強風域に 各地で大雨、避難勧告発令

2018年7月3日

 台風第7号は3日、九州の西の海上を北寄りに進んだ。気象庁によると、午後5時現在、対馬市の南南西約50キロの海上を時速約30キロで北北東に進んでいる。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートル。宮崎地方気象台によると、本県では雨と風のピークを過ぎたとみられるが、強風域を抜けるのは4日明け方になる見込み。


 降り始めの1日午前2時から3日午後5時までの総雨量は、西米良村391ミリ、美郷町神門365・5ミリ、宮崎市田野町310・5ミリ、諸塚村293ミリ、小林市南西方278ミリ。


 JR九州によると、日豊線佐伯―延岡間と南宮崎―国分間、日南線全線、吉都線全線で運転を見合わせている(午後6時20分現在)。航空各社によると、本県と東京、大阪などを結ぶ計44便で欠航を決めている。


 高速道路は雨の影響で午前9時4分から、九州自動車道えびのインターチェンジ(IC)-栗野IC、宮崎自動車道えびのジャンクション-高原ICが通行止めとなったが、午後6時10分に解除された。宮崎交通によると、本県と福岡、熊本、鹿児島、新八代、長崎を結ぶ高速バス計110便(午後5時30分現在)を運休している。


 日之影町は3日午前10時35分、土砂災害の危険性が高まったとして、全世帯に当たる1483世帯3754人に避難勧告を発令した。同町では避難所をこれまでの4ケ所から16ケ所に増やすなど対応をしている。町総務課によると、五ケ瀬川が増水してきており、河川に近づかないよう注意を呼び掛けている。


 このほか午後3時現在、高千穂町で796世帯2305人、諸塚村で38世帯49人、美郷町で743世帯1641人、木城町で33世帯53人にも避難勧告が発令されている。


 県危機管理課によると、午後3時現在、自主避難を含め県内6町村で53世帯72人が避難している。


(全文は4日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)