ホーム 県内のニュース

県内、今夜から大雨の恐れ 台風7号接近

2018年7月2日

 台風7号は2日、海上を北へ進み、暴風域を伴いながら3日には九州北部に接近する見込み。宮崎地方気象台によると、県内は2日夜遅くから3日昼過ぎまでに、多いところで1時間当たり50〜70ミリの雨量が予想され、土砂災害や浸水、河川の氾濫への警戒を呼び掛けている。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意を促している。


 台風は2日午前9時現在、沖縄・久米島の北約100キロの海上を、時速約20キロで北へ進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速50メートル。中心から半径90キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となっている。


 3日午前6時までの24時間予想雨量は、多い地域で九州南部300ミリ。その後の24時間は九州南部100〜200ミリの見込み。3日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は九州南部23メートル(35メートル)。波の高さは九州で7メートル。


このほかの記事

過去の記事(月別)