ホーム 県内のニュース

西都児湯鍋合戦に幕 秋の風物詩、毎年1万人来場

2018年6月30日

 地元特産の食材を生かした鍋料理を競い合う「西都児湯鍋合戦」が11月に開催する11回目の大会で幕を下ろすことが分かった。毎年1万人以上が訪れる秋の風物詩となっていたが、主催する「さいとこゆ観光ネットワーク」によると、マンネリ化に加えて事業所の負担が大きかったという。7月中に開催する実行委員会で正式に決定する。


(全文は30日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】自治体などが自慢の鍋料理を競った昨年の西都児湯鍋合戦

このほかの記事

過去の記事(月別)