ホーム 県内のニュース

1309人にぎわう ジブリ展開幕

2018年6月17日

 「スタジオジブリ・レイアウト展」(宮崎日日新聞社など実行委主催)は16日、宮崎市の県立美術館で開幕した。同展の国内開催は最後で、名監督の高畑勲さん(4月死去)と宮崎駿さんが手掛けたレイアウトを中心に、これまでの巡回展で最多の1459点を展示。初日は開館前から約150人が並ぶなどにぎわい、家族連れや中高生ら1309人が訪れた。


(全文は17日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】初日から大勢の来場者でにぎわったスタジオジブリ・レイアウト展=16日午前、宮崎市・県立美術館

このほかの記事

過去の記事(月別)