ホーム 県内のニュース

県民、期待と懸念 成人年齢18歳へ

2018年6月14日

 成人年齢を20歳から18歳に引き下げる改正民法が成立した13日、県民の間では「若年層の社会参加を促す」「消費者被害が増える」などと、期待と懸念の声が交錯した。


(全文は14日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)