ホーム 県内のニュース

専攻医37人全国最下位 県、制度改善働き掛けへ

2018年6月14日

 県は13日、本年度スタートした新たな専門医の研修制度で、県内の医療機関で4月から「専攻医」として採用された医師は全国で最も少ない37人だったことを明らかにした。県内での初期臨床研修後に、県外で専攻医となったケースも多く、県は制度の改善を国に働き掛けていく考えだ。


(全文は14日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)