ホーム 県内のニュース

新燃岳噴火に負けない 高原・狭野神社で御田植祭

2018年5月17日

 活発な活動が続く霧島連山・新燃岳(1421メートル)の麓にある、高原町蒲牟田の狭野神社で16日、御田植祭があった。町内で田植えが本格化する時期に合わせて、約400年前から実施。噴火活動の終息が見通せない中、地元の保存会が棒踊りや奴(やっこ)踊りを奉納し、秋の豊作を祈願した。


(全文は17日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】秋の豊作を願い、棒踊りを奉納する地元保存会の会員=16日午前、高原町蒲牟田

このほかの記事

過去の記事(月別)