ホーム 県内のニュース

ウミガメ喜ぶ砂浜に 宮日会が堀の内海岸清掃

2018年5月16日

 宮崎日日新聞の県内103販売所でつくる宮日会(馬場尋樹会長)は15日、県天然記念物アカウミガメの産卵地で知られる高鍋町・堀の内海岸で清掃活動を行った。会員やウミガメの保護に取り組むボランティア、町職員ら102人が参加し、浜辺のごみを拾った。


(全文は16日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】砂浜のごみを拾う宮日会の会員ら=15日午後、高鍋町・堀の内海岸

このほかの記事

過去の記事(月別)