ホーム 県内のニュース

新燃岳38日ぶり噴火 都城、日南降灰確認

2018年5月15日

 霧島連山・新燃岳(1421メートル)は14日午後2時44分ごろ、4月6日以来38日ぶりに噴火した。気象庁によると、噴煙は火口から4500メートルまで上がり、南東方向に流れた。噴火は約1時間半続き、同4時10分ごろ停止した。都城、日南市で降灰を確認した。県農業経営支援課によると、同日夕方時点で農作物への被害は確認されていない。


(全文は15日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】噴火し噴煙を上げる霧島連山・新燃岳=14日午後2時46分、鹿児島県霧島市から

このほかの記事

過去の記事(月別)