ホーム 県内のニュース

硫黄山6日ぶり噴火 小規模、県道付近の火孔

2018年4月27日

 霧島連山・硫黄山(1317メートル)で26日午後6時15分ごろ、ごく小規模な噴火が発生した。噴火は6日ぶり。気象庁によると、噴火は同26分ごろまで続き、乳白色の噴煙が200メートル以上に達した。同庁は噴火警戒レベル「3」(入山規制)を継続。硫黄山から半径2キロの範囲で大きな噴石や火砕流に警戒を呼び掛けている。


(全文は27日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)