ホーム 県内のニュース

17年度県内企業立地46件 インフラ整備追い風

2018年4月27日

 県内の2017年度の企業立地件数は46件で、16、15年度に次いで過去3番目に多かったことが、県のまとめで分かった。県企業立地課は「(東九州自動車道など)交通インフラの整備や、都市部の人手不足による企業の地方進出、緩やかな景気回復による投資意欲の増進などが要因」と分析する。


(全文は27日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)