ホーム 県内のニュース

妖艶クマガイソウ 高千穂

2018年4月24日

 県版レッドデータブックの絶滅危惧種IB類に指定されているクマガイソウが、国内最大規模の自生地である高千穂町押方の山中で薄紫の妖艶な花を咲かせている。木漏れ日を受けて山の斜面を輝かせている。


(全文は24日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】鳥屋岳中腹の自生地に開花したクマガイソウ=23日午後、高千穂町押方

このほかの記事

過去の記事(月別)