ホーム 県内のニュース

県が演習、韓国を警戒 口蹄疫発生8年

2018年4月20日

 県内で牛、豚など29万7808頭もの命が失われた2010年の口蹄疫発生から、20日で丸8年を迎えた。韓国では最近の1カ月で口蹄疫が2件発生するなど「いつ県内にウイルスが侵入してもおかしくない」と県は警戒。19日は県庁で防疫演習があり、有事に備えた。


(全文は20日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)