ホーム 県内のニュース

現金3400万円を着服 JA宮崎中央国富支店職員

2018年4月17日

 JA宮崎中央(宮崎市、藤原榮伸組合長)は17日、国富支店勤務の20代男性職員が、出金伝票を不正に処理し同支店の金庫で保管する現金約3400万円を着服していたと発表した。男性職員は同JAの調査に対し着服を認め、同日までに1400万円を返済している。


(全文は18日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)