ホーム 県内のニュース

宮崎市で「口蹄疫を忘れない日」シンポ 畜産物、海外戦略探る

2018年4月16日

 「口蹄疫を忘れない日」に合わせたシンポジウム「宮崎牛、世界へ~本県畜産の未来」(宮崎日日新聞社主催、県、JAグループ宮崎後援)は15日、宮崎市の宮日会館であり、約170人が聞き入った。パネルディスカッションを通し、県産畜産物のブランド力を高めるための、海外戦略の在り方を探った。


(全文は16日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】本県畜産物の海外展開や販売戦略について議論を深めた「口蹄疫を忘れない日」シンポジウム=15日午後、宮崎市・宮日会館

このほかの記事

過去の記事(月別)