ホーム 県内のニュース

洪水緊急メール配信 来月から県内3水系

2018年4月4日

 九州地方整備局は3日、国が管理する県内の大淀川、小丸川、川内川水系について、洪水情報に関する緊急速報メールの一斉配信を5月1日から始めると発表した。台風などで河川が氾濫危険水位を超えた場合などに、流域7市町の住民へ直接情報を届けて自主避難を促すのが狙い。


(全文は4日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)