ホーム 県内のニュース

「想定より厳しい」県内市町村 人口減少スピード加速

2018年3月31日

 国立社会保障・人口問題研究所が30日発表した将来推計人口は、人口減少のスピードが加速し、2045年の本県人口が15年比で4分の1減る厳しい未来図をあらためて突きつけた。減少幅が比較的緩やかな自治体もあるが、7市町村では30年間で人口が半減、またはそれ以上減る。中山間地の首長からは「想定よりもさらに厳しい数字だ」「あらためて危機感を持つ必要がある」との声が上がった。


(全文は31日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】2045年の人口が566人になると推計される西米良村。関係者は危機感を強める

このほかの記事

過去の記事(月別)