ホーム 県内のニュース

串間、国道448号にバイパス 観光ルート復活へ

2018年3月31日

 昨年6月の大雨で通行止めが続いている串間市市木の国道448号について、県は30日、国土交通省の災害関連事業に採択されたと発表した。約32億円を投じ、内陸部に約1・1キロのバイパスを2020年度に整備する予定。通行止め区間は、日南市南郷町の道の駅「なんごう」などから都井岬につながる観光ルートで、早期復旧を求める地元からは歓迎する声が上がった。


(全文は31日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】路面のひび割れや段差が発生した串間市市木の国道448号。通行止めが続いている=昨年6月(県提供)

このほかの記事

過去の記事(月別)